地球規模課題対応国際科学技術協力 Japanese English Espanol
近畿大学SATREPS(地球規模課題対応国際科学技術協力)
ホーム SATREPSとは 研究課題 スタッフ シンポジウム 活動報告 業績
ホーム
近畿大学SATREPSは、5つの機関が協力しあって形成されているプロジェクトで、「地球規模課題対応国際科学技術協力」と呼ばれています。

日本側協力機関は、国際協力機構(JICA)、科学技術振興機構(JST)と近畿大学でパナマ側はパナマ共和国水産資源庁(ARAP)と国際的地域漁業管理機関の全米熱帯まぐろ類委員会(IATTC)で今後5年間キハダマグロとクロマグロ(太平洋)の研究を行います。




2016/03/10 国際シンポジウム「Walk together towards the future; stably supplying high quality foods」を開催。
2014/03/08 築地市場会館(東京)においてシンポジウム「南米パナマでのキハダの資源保護と完全養殖を目指して」を開催しました。
2012/03/02 Paris Hotel and Casino (アメリカ) において開催されたアメリカ養殖学会2012 年大会にて「資源持続的利用マグロ類に向けた養殖と資源管理」の特別セッションを開催しました。
2012/02/27 世界銀行東京事務所 (東京) において、トークセッション「『パナマ:日本人の大好物、マグロの持続可能な漁業と養殖を支援せよ!』」を開催しました。


SATREPS(地球規模課題対応国際科学技術協力)
独立行政法人 国際協力機構
独立行政法人 科学技術振興機構
IATTC
近畿大学
近畿大学水産研究所
近畿大学農学部

サイトマップ プライバシーポリシー お問い合わせ
近畿大学